トップページ > こんな時どうする? > 入院したときの食事

入院したときの食事  

入院時食事療養費

 入院したときは、食事にかかる費用として1日3食780円を限度に1食あたり260円を患者が負担します。これを食事療養標準負担額といい、食事療養標準負担額を超えた額は入院時食事療養費として(被扶養者の場合は家族療養費として)健康保険組合が負担します。食事療養標準負担額は高額療養費の対象とはならないため、入院費用が高額になった場合でも、食費にかかる費用は患者が全額を負担します。ただし、市町村民税非課税者は、申請により標準負担額の減額を受けることができます。
 なお、70歳以上の高齢者が療養病床に入院した場合は、生活療養標準負担額として、食費と居住費を負担します。

■入院時の標準負担額(1食につき)
区分 標準負担額
一般 260円
市町村民税非課税者 210円
市町村民税非課税者 1日目〜90日目 210円
91日目以降
(長期入院の場合)
160円
所得が一定基準に満たない場合等に該当する高齢受給者 100円